2004年10月30日

Aux Bacchanales

Aux Bacchanales惜しまれつつ閉店してしまった原宿パレフランス1Fにあったオーバカナルの包み紙です。今でも赤坂などにもありますが、原宿店の「まさにパリにいる」ような気分は味わえません。コンフィ旨かったなぁ、クロクマダム旨かったなぁ。トイレがある地下へ降りる階段辺りとか思い出します。ホント残念。





Location:TOKYO
Country:JAPAN
Rank:★★★★★
【関連する記事】
posted by takemag at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ニッポン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Olympic Airline

Olympicギリシャ旅行で乗ったオリンピック・エアラインの機内食にて。オリンピックの機内食は旨いです、あなどってはいけない。オリンピックの運賃は激安。ギリシャ内で買うと更に爆安。ニューヨークへ3万円くらいで行ける。なので、ヨーロッパの人はまずアテネに行き、そこから遠くへフライトをする、というのを聞いたことがあります。普通機内食の包み紙は飛行機会社のロゴが配されることが多いのですが、これには関連会社の"OLYMPINC CATERING"と書かれてあります。ちょと珍しい。

Location:IN-FLIGHT
AIRLINE:OLYMPIC AIRLINE
Rank:★★☆☆☆
posted by takemag at 02:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 機内食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Wienのカフェ(店名わからず)

Wienna確かウィーンで、日本から遊びにやってきた友達と待ち合わせをする時、時間つぶしに入ったカフェだった、と思います。挿絵タイプの包み紙は多いのですが、これには"Milhelm Busch(ミルヘルムの木)"という本のタイトルと著者の名前が書いてあります。広告なのかな?カラスが枝に止まっててその下にカゴを起き、木に登る男、はてどんなシチュエーションなんでしょ?

Location:VIENNA
Country:AUSTRIA
Rank:★★☆☆☆
posted by takemag at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | オーストリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月25日

アテネのカフェ(店名わからず)

Atheneパルテノン神殿のふもとでランチをしたカフェでゲットした包み紙だった、と思います。ブドウの木とオリーブの木が沢山植えてあって、暑さで犬がそこら中でへばってて、確かメロンが安かったのでしこたま食べたような記憶が。それにしてもギリシャの旅行はつらい。砂糖の包み紙ですら何が書いてあるのかわからない。見当もつかない。でもそれだけにもらってうれしい包み紙。


Location:ATHENE
Country:GREECE
Rank:★★★★★
posted by takemag at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cafe de Paris

Cafe de Parisローマにあるのに"Cafe de Paris"。フェリーニの「甘い生活」にも登場する老舗カフェ。カップメニューと一緒にしっかりもらってきました。





Location:ROMA
Country:ITALY
Rank:★★★★★
posted by takemag at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cafe Hauptwache

Cafe HauptwacheフランクフルトのHauptwache(中央広場)のど真ん中にあるカフェ。確か建物自体が何か有名な建物だったような。いつもZET-CAFFEに行っていたのであまり行く機会はなかったのだが、場所がとてもわかりやすいので、待ち合わせのときなんかに利用しました。



Location:FRANKFURT am MAIN
Country:DEUTSCHLAND
Rank:★★★☆☆
posted by takemag at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

Mykonos島のカフェ(店名忘れ)

ykonosギリシャのミコノス島にあるカフェの包み紙ですが、店名は忘却の彼方。ミコノス島のシンボルである風車が描かれています。45度の炎天下、ビーチでうっかり2時間寝てしまったら全身真っ赤&水ぶくれ、しかも寝ていたビーチがゲイビーチ、散々でした。イタリア人もそうですがギリシャ人もエスプレッソにこれえでもかと砂糖を入れます。溶けない砂糖をかきまぜつつ飲んでます。なんでだろう?

Location:MYKONOS ISLAND
Country:GREECE
Rank:★★★☆☆
posted by takemag at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SEILER HOTELS

SEILER HOTELSマッターホルンのふもとの街、ツェルマットにあるホテルのラウンジで頂いた包み紙です。ボードをしに行ったのですが、想像もつかない広さのスキー場で、日没時間を計算に入れた上で下まで滑らないと、リフトが止まって遭難する、というのを身を以て体験しました。巨大なフォルクスワーゲン製の雪上車に乗せてもらえたのはラッキーでしたが、こっぴどくおこられました。マッターホルンが描かれた包み紙、うれしいです。

Location:ZERMATT
Country:SWISS
Rank:★★★☆☆
posted by takemag at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ZET-CAFFEE

ZET-CAFFEEドイツ在住時にかなりお世話になった、フランクフルトにある老舗カフェ"ZET-CAFFEE"の包み紙です。いつも混んでて賑やかなのだが、妙に落ち着くカフェでして。ギャルソンもいい人ばかり。こちらで紹介したカップ&ソーサーはここのもの。





Location:FRANKFURT am MAIN
Country:DEUTSCHLAND
Rank:★★★★★
posted by takemag at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月21日

Chez Leon

Chez Leonブリュッセルにあるムール貝専門レストランChez Leonの包み紙です。パリに支店もあり、そちらにも何度か行きました。ざっとムール貝を使ったメニューが50以上。定番のバケツに入った酒蒸しに、エスカルゴ風、変わりダネはピザ風。上から見るとピザなのだが、ピザ生地部分が全てムール貝。ブリュッセル本店で、54皿を4人でたいらげ、主人に歌と54皿目をプレゼントされました。あの頃takemagは若かった。

Location:BRUXELLES
Country:BERGIUM
Rank:★★★☆☆
posted by takemag at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。